慶春 2024/令和6年

明けましておめでとうございます。
私が私に向けて留めるブログです。

振り返ればこのブログ、昨年は2回しか、しかも1月にしか更新をしていませんでした。なんたることでしょう。向き合って書くということができないまま1年経ちました。

ヨガも続けています。狂ったように週3回ほど通ったこともありますがいっこうに痩せないので自分自身を疑っています。今年は水泳に切り替えようかな(と思い直して半年たち年を越す)。

「土地に呼ばれる」という縁はあるようで、苔の作品を撮影していたら平泉寺白山神社に呼ばれ、苔の取材をしていたら、永平寺と永平寺町に呼ばれました。次はどこに呼ばれるのでしょうか。

アート分野では春に現代彫刻家・土屋公雄さんの福井での展覧会の仕事に関わり、秋に永平寺町でアーティスト・イン・レジデンスのアートコーディネーターを務めました。どちらも私が学生時代に触れ、学び、憧れた人と場です。25年を経て巡ることってあるのですね。

前に出るか、地下に潜るか、いつも葛藤しながらいる私。この職(と言うのか業界と言うのか)に就いてから四半世紀経ってしまいました。四半世紀経った今も「向いてない(涙)」と思いながらこうしてお仕事を続けられるのは、周囲のおかげであると心より染み入る年齢となりました。

今年は公私ともに大きく動きます。龍の強さと勢いを身に付けられますように。

2023年/令和6年 奥能登地震からの復興を心より願う元日明け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください