麦茶袋詰めをとっても喜ぶ姿である。

うっしっし。ウッシッシ。という台詞が似合います。
うっしっし。ウッシッシ。という台詞が似合います。

安実農場の麦茶をいただいてから、大麦の味にはまりました。

というか、本当の味を知りました。

麦茶ってこんな味だったっけ?だったよね、でしたでした、おみそれしました、という味です。

市販のお茶パックなんて「…。」を思いますよ。

前置き長くなりました。我が家では、麦茶を買って、お茶パックに詰める、という作業が定期的にあります。

戦士も悪女も「私に袋入れさせて~」とお手伝いをしてくれるのはありがたいのですが、当然の如く、ぼろぼろこぼして、袋よりもこぼしている麦茶のほうが多い、ということは容易に想像できるでしょう。

でも、袋詰めしている作業ってわりと好きで、この「作業」が、子供たちにとって、我が家の「記憶」になってくれるといいなと思って、通常めんどくさい作業をしているわけでございます。

ちなみに、写真の麦茶は奥越の方の麦茶でございます。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください