稲の栽培技術の取材、撮影、構成のお仕事にて。

とある農場の、試験のレポート原稿を書いております。

写真では表現できないものもあって、イラストを頼まれることもしばしば。

幼穂長について描く私。
幼穂長について描く私。

幼穂長とは、稲というか穂の赤ちゃんのこと。これが1ミリとか2ミリとかの世界で。

ぐんぐん伸びると、穂を孕んできます。

稲を1本さばいて、どれくらい穂が入ってるかなーと確認中。かっさばく!といったほうがいい表現です。DSC_0020

 

瑞々しいんですよ、この茎の中に潜んでいる穂たちが…。農場長に言わせると、10代の子の状態ですって。成人前はまぶしいねえ。

今年も豊作でありますように。

 

JA花咲ふくい 栽培技術アドバイス

http://www.hanasaki.or.jp/agri/rice/advice/

全体構成、写真と原稿は弊社、デザインは制作会社です。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください