【講演記録と感想】北陸三県起業家の集いインふくい@ふくい産業支援センター

ふくむすび会さんの講演会に参加してきました。

いつも殺風景なマルチホールが、お花を立てるだけでググッと華やかに。さすが女性の会だなあと感動。毎回あってもいいんじゃないかしら。

▼リトルムーンインターナショナル株式会社
取締役副社長 文 美月氏
ECショップの成功事例としてリトル―ムーンのお名前は聞いていました。
お話内容としてはざくっと次のようなこと

・2004年 EC雑貨店からECヘアアクセに特化
・ヘアアクセは使い方のノウハウを知りたいという人が多い。ソリューション商品
・動画で見せることもサイトとしては早めにやった
・ダイソーでも売られる中、3,000円以上の商品を売る。
・購入者はダンスをする人やピアノを演奏する人など人前に出る人がいる
・靴クリップを開発(靴メーカーさんからの声かけ)
・アクセは商品の大きさが同じなので段ボールは2つしかない
・「あり方」よりも「やり方」に走った時期があった
・商標のこと、人材育成につまづいたこともある
・レビュー炎上で「怖い」となる。改善しようとしても、炎上は止められない
・精神的に参ったことがあった
・CSRへ注力
・ECクーポンでしくみをつくる

EC業界でアクセ特化の専門店としてひとりの主婦から大きな会社へと起業成功した文さん。
心を病んで復帰して今考えていることは持続可能な社会貢献。そこから今見出しているのが

「社会に必要とされる会社を目指す」と考えた。
コストをおさえ、理念と環境を整え、商売の基本に戻る

ということでした。リトルムーンさんの会社概要を見ると、何度も何度も考え直したあとを感じます。薄っぺらい字面の会社案内ページが多い今、リトルムーンさんのサイトはガツッと書かれていて、覚悟や信念を感じました。(せっかくいいこと書かれているので見やすさ読みやすさはもう少し考えてほしいかな)。CSRのお話にもう少し時間ほしかったです。社会貢献をテーマに別で話できそう。

リトルムーン
http://www.littlemoon.co.jp/

▼ネコリパブリック
首相 河瀬麻花さん
猫助けをビジネスにした方。譲渡会や猫を救う運動はNPOなど団体に頼りがちですが、それでは善意の甘えになってしまうのと私は思うのです。ボランティアではない、という潔いビジネスに共感を得ました。クラウドファンディングをうまく使われていて、イベントとして成り立たせている。この力はそうそうできることではありません。おそらく「猫が好き」というその1点に参加する人の気持ちが集まっていて、良くも悪くも動かしやすいのだと思います。クラウドファンディングの支援の対価として「モノ・体験・知識・ステータス」など求めることはさまざま。必ずしもお金ではないという層がいるということ。
ネコリパブリックは「共和国」。国というモチーフをパロディにして、真剣に国を動かしている。その遊びの部分がかかわりを楽しくさせていると思います。

懇親会の時にお話をさせててもらいました。「ボランティアだけでは気持ちもお金も必ず倒れる」という意識、私も持っています。これまでそんな団体を多々見てきたので。イベントも団体運営もボランティアでは引き受けない私たち。代わりに、「運営代行」という形でこたえることはできるかなとも思っていて。コミュニティ運営、事務方、封筒封入から発送、SNS拡散まで手がける事業、やりますかね。ニーズあるかな。。。。

ネコリパブリック
http://www.neco-republic.jp/

ピースわんこ・ジャパン
http://peace-wanko.jp/

お二人は、ECサイトのはしりの時期に立ち上げて、ブルーオーシャン時の先行者利益で切り抜けてきた感はありました。リトルムーンさんもそのあたりは触れていましたが。ECサイトにいたっては「ここ2,3年で立ち上げた人」の話を聞きたかったかも。ただぶち当たる壁(人材育成や価格競争)はどの企業さんも同じだと思います。

文さんも河瀬さんも、起業したその「次」のステージに立っている方でした。CSR、ビジネスを通して社会貢献、社会をよくすることを考えて、形にしている。この数年「じぶんのところだけが儲かればいい」というECの風潮や人に触れていて、小さな違和感を感じていました。しかしすぐ先には会社の存在意義を求められる時代がきていて、表現の一つがこういった活動なのかもしれません。東京芸大の伊藤達矢先生の活動ともつながっていて、軽く打ちのめされています。

懇親会もがんばって参加してきました。なかなかこういった場が苦手でおっくうだった私。そろそろ行ってこいとテツ氏に社長顔されたので日曜のお昼にお暇いただきましたよ。しかしもって完全アウェイ。。。。そこに受付で声をかけてくださった方がチェコつながりの山田英夫商店 (西本さん(キッチンナイフやまだ)。あかねちゃんも声を掛けてくれてご縁も感じておりまして。お声かけてくれたのに、顔覚えてなくてごめんなさい。顔覚えないライターなんです…私。

懇親会でふるまわれたなつめ茶が香りもよく、温かくておいしくって何度もおかわりしてしまいました。
「飲んだそばからすぐに汗がでるわ」とどなたか感想話していて、健康ライターの血が騒ぎましたぞ。いい健康コメントいただきました。懐かしい味がしたのは韓国ではよく飲まれているからなのね。
なつめ茶 http://natsumeya-direct.biz/

冒頭の写真はテンメリアさん。装花のお店です。はぅー、お花を飾る余裕がほしいなあ。
私は企業訪問すると、掛けてある絵画はもちろん、置物とか、花とかチェックする派です。http://tenmelia.com/

第3回 北陸三県起業家の集い in 福井 同時開催 第9回女性あきんどフェスタ2017 in 熊堂ヒルズ

開催日:9月10日(日)
時 間:13:00~17:00

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください