my son’s memory.

「なぞなぞ」とか「めいろ」とか「まんが」とか、息子は夢中。ごはんを食べながら、なぞなぞ を考えているのですが、これが結構、とんちのきいたなぞなぞで。

「ふたりでごめんなさいと言い合う貝って、どんな貝?」

A おたがい

なんか使い方違う気がするけれど、親ばか視点ですごいぞ、息子。ほかにも、あったかい、やっかい、とか「貝」にからめたなぞなぞを出していました。「うまいなー」と思ったんだけど、書き留めるの忘れた~。

————–

スーパーに行ったら、最近気になる同じクラスの女の子に出会った息子。うれしくて、ついてまわって、その日は帰宅後もご機嫌。そのことをテツ氏に話したら、

「抱きついたのか-、そうかー、柔らかくて気持ちよかっただろう-」と男性的発言!(恥)。ちょっとやめてよ、今からそんなこと教えるの!

そんなやりとりを息子が見ていて、父に一言

「よけいなおせわ」

はい、そのとおりですね。。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください