2015年悪女語録

【悪女語録】さんだいめじぇいそうるぶらじゃーず。ぶらじゃーず。ぶらじゃーず、にしかもう聞こえない。

クリスマスドキュメント】
悪女はマジでサンタを信じ切っているので、2階の窓のカギをこっそり開けていました。
悪女がクッキーとミルクと手紙を用意していたら、寝るのが11時近くになりました。
サンタ追跡で見るとまだオーストラリアだったのでママン的に余裕ぶっかましていたらいつの間にか那覇→京都と移動する猛スピードサンタでした。
「サンタの本」を読み聞かせしたら逆に興奮して眠れない悪女でした。すでに京都にいることを伝えるとかなりびびって「寝なきゃ、寝なきゃ」と必死で目をつぶるもこれまた興奮して眠れないのです。もう一度追跡して調べると、「寝てない子のところには行かない」という意志の表れなのか、サンタは富士山に移動していました。そのときの悲しそうな顔と焦りといったら!
とにかく寝させないと私も共倒れして明日の朝に惨劇になると思っていたのに私も寝てしまいました。
慌てて早朝起きて、クッキーとミルクをなんとか始末せな!と降りるとパパサンタがこっそり仕事してくれていました。グッジョブ!パパ!
ほっとしてトイレへ行き、二度寝しようと思って出てきたら、がさごそ音が!戦士も悪女も朝の5時だというのにしっかり起きて、プレゼントを掴み取っていました。
悪女の、モノホンな喜びようは、サンタ冥利に尽きるくらいの踊りっぷりでした。
そんなわけで私はとっても眠いです。

【悪女語録】「ねぇ、注射ってなんで、針なの?」と疑いもしなかったことを疑ってきた。インフルエンザの注射のための心の準備をしているようです。
【悪女語録】うまのほねってなに?とねしなになんどもきいてくる。

【悪女語録】道端におちているバナナの皮は、泥棒が食べたと思っている模様。

【悪女語録いいまつがい】テツ氏が出張中。
悪女「早く帰って来て、お見事がほしい、お見事がほしい」という。
ママン「???」
悪女「あ、おみやげだった」
いいまつがいも、おみごとです。

【悪女語録】祭りにいく。
「金魚すくい」を 「人魚釣り」と呼ぶ。ひとつも言葉合ってない。合ってない。合ってない。

【悪女語録】
悪女「なんであーちゃんのコト見るの?」
酔っぱらい父「かわいい、かわいいからだよ」
悪女「どこが?」
酔っぱらい父「ぜんぶ。そのまぶたもかわいいよ」
悪女「あーちゃん、ぶたじゃないもん!」
酔っぱらい焦る父「ぶたじゃないよ、まぶたのことだよ」
悪女「ほら、ぶたってまた言ったが!」
かみ合わない酔っぱらいと日本語とオンナ心。

【悪女の仕業】消しゴムひとつでめちゃくちゃお互いが泣きまくる喧嘩がはじまった。消しゴムですよ、消しゴム。
悪女が「消しゴム渡しただけなのに、お兄ちゃんがめっちゃ怒るんやもん!」とうんたらかんたら兄がどんなに非道いことをしたかを一生懸命力一杯これ以上にない被害を訴える悪女。
戦士は「ぜったいやってねえええええ」とぽろぽろ泣きながら訴える。訴え方の量で悪女が優勢に思われたが、
「だって、あーちゃん、俺の消しゴムを勝手に取っていって使ってたんや。何度も探していたのに、貸してともいわんと、もっていった」と戦士一言。
ええ、勝手に持ち出してお兄ちゃんを困らせてたの?よく消える消しゴムだから←これ重要 大事にしてたやつでしょ?
一気に形勢不利に!!
そうだったっけ?の顔の悪女。
さあ、どうするの、どうすのよ、あんた、消しゴムはどっちの味方なのよぅ~!
と笑いをこらえながら怒っていました。

【悪女の交渉】「テレビにでできた女の子がとても上手に包丁でトマト切っていたの見たら食べたくなったであーちゃんもトマト切って食べていいか?私も切るのは上手やで」と包丁使いたいのかトマト食べたいのか分からないけどはじめました。いいけどもう夜の十時過ぎ。byマーニー
悪女語録 お菓子のリッツ→リツツ、クラッカー→プレミアム

「ここは俺に任せてお前は逃げろ!ごっこしよう」と戦士が悪女を誘ってお互いに任せあいをしていてとても暑い。

【悪女語録】なぞなぞ「はじめは黄色いドレスで次に白いドレス、最後に飛んでいくものなーんだ?」とありました。
ヒントをだすママン「ほら、家の前にたくさんあって、いつも飛ばしてたじゃない?」
悪女「せんたくばさみ」
そ、そうなの…?
答えは各自お考えください。

【悪女の悪行】お風呂に入っている悪女のもとに、戦士が入ってきた。悪女が使っている途中のシャワーを取り上げて使いはじめた兄。怒った悪女は、迷い無くカランに手をかけて「温水→冷水」。そして叫ぶ兄。容赦ない悪女。冷水から温水でなくてよかった…。

【悪女語録】ママン「今日、行きたいとこある?」
悪女「竜宮城!」
どなたか亀の手配を…
【悪女の好物】もずくは相変わらず3pキープの悪女。「おかあさん、ダメって言うと思うけど、言うだけ聞いてくれる?」
ママン「はいはい、なんでしょう」
悪女「いつか、たくさん食べたいものがあるの」
ママン「はいはい、なんでしょう」
悪女「たまごの、あの温泉で食べるたまごの、あれを朝食べていきたいの」
ママン「はいはい、いいですよ」(仕事しながらなので生返事)
悪女「やったー!30個ね!」
思わず二度見。30個二度見。

【悪女語録】問題のあるレストランという番組が好きだった悪女は、「意味のあるレストラン」という脳内変換にして、レストランや料理番組をみるたびに、「意味があるの?」ときいてくる。真実を問う女。

【悪女の怖いもの】仰天チェンジの番組。なぜか仰天前のエピソードが怖い怖いと言って震えている。マヨネーズ大好き悪女は仰天前の素質は含んでいるとおもう。

【悪女語録】アニメ漫画で男子が女子に親しみを込めて「ばーか」というセリフをきいた悪女は「ばーか!って言ったもんが、バカなんやざ!」と、恋愛体質ゼロの厳しい応答をテレビに向けていました。ママンは本当にいろいろ心配です。

【悪女語録】
悪女「今日ね、いとこのいっちゃんが風船を車の中で割ってわがままいうから、わたしのをあげたの」
ママン「おっとなー!大人になったね~」
悪女「ね、おとなでしょう?そう、わたし大人なの。まだお酒はのめないけれどね」
ママンの心の中 その発言も大人だね…。君の中では「まだ」なんだね。

【悪女語録】悪女語録 オフロスキーに「白いもの、できるどけたくさん言ってみ?」ときかれて「イカ!」とこたえてくれました。雪という答えを期待したママンは平々凡々すぎて言えませんでした。
【戦士と悪女のからだのはなし】
戦士 どうして毛が生えてこないの?どうやったら生えてくるの?本当に生えてくるの?いつ生えてくるの?
あなたがまだ若すぎて、一桁の年齢だからです…。
悪女 お腹ふとい?お腹太い?なんであーちゃんのお腹太いの?
あなたが食べ過ぎだからです…。
この会話が数日に一回の割合で同じ話同じ会話をしています。
弾む回答、求む。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください