蜷川実花宏子二人展@金津創作の森

蜷川さんのお母さんと、娘の実花さんの展覧会です。

キルトと聞くと、おばちゃんの手芸世界、のイメージでした。

確かに手芸なんですが、宏子さんが作品として発表できるステージにあるのは、布の選び方と配色配置がしっかりしているからでしょう。絵画もデザイン画でも、これほどまでの多色を「一枚の絵にまとめあげる」のはセンスや構成力があるからとお見受けしました。

紫をベースにファンシーな色を合わせられる、その隣にオレンジって相当なバランスです。
全体像

 

 

テーブルクロスに欲しくなった一枚。

 

実花さんの写真を布にプリントしてそれを素材にしたもの。

高価な布を使えば作品になるものとは違い、どう組み合わせていくのか。ひとつひとつのパーツを見ても、色も柄も全く違うのに、一枚の大きな布にすると絵になっている。ミニアチュールの塗り絵のような世界でした。

極彩色は、もともと蜷川家にある色なのでしょうか。生活環境にあるから作り出すものが同じ色合いになるのでしょうか。(私も結構好きな色です)

 

蜷川実花・蜷川宏子 二人展

ー 写真とキルトが生み出す極彩色の世界 ー

https://sosaku.jp/event/2019/ninagawa/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください