テオ・ヤンセンのストランドビースト@ふくい中央公園

私にとってはノーマークな作家さんであまり深くは知らないテオ・ヤンセンさんです。

科学者(主に物理)であり、アーティストであり、作品自体はキネティック・アートと呼ばれておりました。

はぴりゅうくんと。

CMに登場していたことで日本での知名度がアップ、ヤンセンさんを知らなくても作品は知っている方は多くいるようです。

ストランドビーストは、風を食べて進む物体。物体と言っていいのでしょうか、実際目にすると、生き物のようであり、改めて写真を見ると女性のようであり、エロティックな足でもあります。このあたりは制作で絶対意識していると思うな、ヤンセン!

炎天下でも艶めかしく見えるのは私の錯覚でしょうか。

35度を超える猛暑、日陰のない公園でストランドビーストが登場すると聞いて行ってきました。炎天下にマジガチで見に来たのは私とA嬢。担当のお兄さんたちは「動画も静止画もおさわりもオッケーだよおおおお」と呼びこんでました。お言葉に甘えておさわりしてきちゃいました、むふふ。(動かせるのです)

 

越前和紙が使われています。
ストランドビーストの足と私の影と。
夜のストランドビースト。なんでライトアップするの…? よく見て紙がない!
何気にアートと思ったのが、ピントンのふわふわがへこんでいたあと。

テオ・ヤンセン展

会    期 2019年9月21日(土)~10月27日(日)10:00~17:00 会期中無休
会    場 サンドーム福井(福井県越前市瓜生町5-1-1)
入 場 料 一般1,000円(800円)、大学生800円

https://theojansen-fukui.jp/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください